家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidisers

intestinal flora

腸内細菌叢について

ネットにある教育的と思える情報をまとめてみました。
提供されている情報を各自が吟味し取捨選択してご自分の健康に役立ててください。

なんでも極端に走ることなく全体を見てバランスの良い食生活を心がけると良いと思います。



乳酸菌について

細菌の研究では、悪玉、善玉、日和見と腸内細菌を区別する必要はないことが分かってきているそうです。
腸内細菌の種類はそれぞれ生命維持に関っておりそのすべてが必要であり、細菌叢における各菌のバランスが健康に貢献していることが分かるようになっているそうです。


BSジャパン放映『ここまでわかった乳酸菌パワー ~腸内研究の最前線~』


腸は第2の脳

腸は第2の脳と言われ神経回路が脳の次に多い器官です。
腸は、神経伝達物質を用いて脳に指令を与えているそうです。
神経系の80-90%の信号は腸から脳への出されているそうです。
腸を中心とする消化器官は、脳から独立して自ら機能する唯一の組織です。

セロトニンやドーパミンの大部分は、脳ではなく、腸で生成されています。
腸内に存在している細菌は、体の中にあるドーパミンの50%、セロトニンに至っては90%を生成していると言われています。細菌の生産する神経伝達物質は脳をとおして欲求を含め体をコントロールしているといえそうですね。

腸内を無菌したマウスを用いた実験では、セラトニンや学習記憶にかかわるたんぱく質が欠乏するため社会性が欠如し自閉症的な症状が表れるそうです。その無菌マウスに腸内細菌を移植すると症状が改善されるそうです。


What If You Had A Second Brain?



便秘について

便秘の原因は、水分不足で、大腸内の水分が不足すると腸内細菌の数が減るために十分の量の便が作れず、便秘(コロコロ便)となるそうです。水分不足を防ぐ方法は、体を冷やさないことだそうです。朝起きたら暖かい白湯などを飲んで排便に備えることができると思います。

また、ビールは水分補給とはならないようです。1ℓのビールをのむと1.1ℓの水分が失われるそうですし、体を冷やしますから飲み過ぎないようにすると良いと思います。


コロコロ便と腸内細菌

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional