家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidizers

virus

ウィルスについて

アントワーヌ・べシャンの思想からウィルスの実体を考えてみます。

人体は細菌と融合して機能しており、毒物の影響や栄養失調により体内環境が悪化すると細胞がダメージを受け弱ったり壊れたり死滅したりして不調が生じます。そうなると細胞と融合している細菌が細胞から分離して毒物の排除や壊れた細胞の修復にとりかかります。

細菌は体内環境の悪化の原因ではなく、悪化の結果として細胞から分離して出てきます。
細菌の役割は悪化した細胞を片付けて痛んだ細胞を修復することです。

病気の原因は細菌ではなく体内環境を悪化させる毒物や栄養失調や不健全な生活習慣であるといえます。

ウィルスは細菌のような生命体ではありません。
それは痛んだ細胞の断片であり感染力はありません。

細胞が毒物や電磁波に晒されると変調をきたし壊れます。ウィルスは毒物により壊された細胞の破片です。ウィルス (virus) の語源は、英語では「蛇の毒」(venom of snake) です。ラテン語では「ぬるぬるした液、毒」です。それは病気の人の体内で生成される物質とされています。それは毒物で痛んだ細胞のかけらですから毒まみれですがウィルスには感染力はありません。

1918年に流行したスペイン風邪のとき米国のボストンでスペイン風邪の感染力のテストがなされています。患者の分泌物を正常な人の粘膜に付けたり注射したりして感染するかどうかをテストしています。結果は全く感染は生じませんでした。この種のテストは米国でいくつかなされておりその結果はすべてのケースで感染は生じていません。

また、当時の状況から判断するとスペイン風邪が世界中で同時に流行した原因はウィルス感染ではないと推察できます。当時は飛行機による輸送手段はありませんでしたのでアメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカで時を同じくしてスペイン風邪が発生したことをウィルスによる感染と考えることはできません。

1918年は初めての全世界ワクチン接種キャンペーンが展開されました。
第一次大戦の兵士たちは14-20のワクチンを接種されました。戦後になりワクチンの需要を維持するためにワクチン製造業者たちは大規模なワクチン接種キャンペーンを実施し一般市民にもワクチンを接種しました。ワクチンを摂取された人々はスペイン風邪になり、摂取しなかった人たちは生き残りました。
スペイン風邪の発生の原因の一つは、ワクチン接種によると考えられます。

ワクチンは毒物でできています。
その始まりからワクチンは危険です。

1918年はラジオ電波が全世界で活用され始めたときでもありました。電波の影響は同時に全世界に及び人体に影響を与えます。

インフルエンザ流行と太陽電磁波や人工的な多目的電波などの相関関係を指摘する研究者もいます。

ウィルス感染を主張する現代医学はインフルエンザの流行の原因を説明できません。

ウィルスは毒物や電磁波、栄養失調、不健全な生活習慣などで痛んだ細胞の破片であり感染力はありません。

エイズウィルスを自身に注射してウィルスに感染力がないこと証明している医師がいます。多くの分子生物学者や生化学者たちはウィルスや細菌についての間違った学説に基づく現代医学やそれを利用して繁栄している製薬会社の邪悪さを暴いています。

Corona Debunked by Biochemistry

[URGENT!!!] THE WORLD’S GREATEST COVER UP | Dr Andrew Kaufman

Dr Robert Willner Injects "HIV" into himself on TV

"Normal Immune Function & Vaccination Interference" by Dr. Thomas Cowan, (M.D.)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional