家庭で使える、環境、人に無害な酸化殺菌剤 Oxidizers

virology

現代ウイルス学の始まり


エンダースのウイルス培養手法

1954年「現代ワクチンの父」と呼ばれているアメリカの生物医学者ジョン・フランクリン・エンダース (Jhon Franklin Enders) はウイルス培養手法の発明でノーベル賞を受賞し、その後エンダースの手法はウイルス培養の標準となりました。

ウィルスと称される粒子は極めて小さく電子顕微鏡でしか確認できません。
またウィルスはタンパク質で覆われたDNAまたはRNAとみなされています。

エンダースの手法
7人の「麻疹の子供」の喉から採取した粘液を、面白いことに2Lのミルクと混ぜます。ミルクは遺伝物質です。それからその粘液ミルク混合液にペニシリン100μg/mlとストレプトマイシン50mg/mlを加え5450rpmで約1時間遠心分離し、その上澄み液と少量の牛乳に再懸濁した沈殿物を、0.5mlから3.0mlまで量を変えて、別の実験で別々の接種菌液 (inocula) として使用しました。

イノキュラ (inocula) とは、まさに次のステップで使う接種菌液のことで、れを「トリプシン処理したヒトとアカゲザルの腎臓」の培養細胞に植え付けました。

そして、その培養液に、ウシ羊水(90%)、牛胚抽出液(5%)、ウマ血清(5%)、抗生物質、細胞代謝の指標となるフェノールレッドを加えました。

簡単に言うと、エンダースは自分のサンプルに、タンパク質や遺伝子の材料となることが知られている他の6つの物質を混ぜたと言うことです。現在では、これらの物質が分解されて、ウイルスと呼ばれるもののサイズと形態を持った粒子になることが分かっています。この6つの不要な不純物とは、牛乳、ヒト腎臓細胞、アカゲザル腎臓細胞、ウシ羊水、牛胚抽出物、ウマ血清のことです。

この培養液に、エンダースの研究グループは次に、腎臓の細胞に毒性があることが知られている抗生物質、特にストレプトマイシン (streptomycin) を加えました。現在では、ゲンタマイシン (gentamicin) とアンフォテリシン (ampheotericin) という抗生物質が使われることが多い。

エンダースたちは、この醸造物を何日もかけて観察し培養液の細胞に特徴的な細胞変性効果(cytopathic effect CPE)が見られたとして、つまり、健康で正常な大きさの培養細胞が、内部に穴や空洞を持つ巨大で無秩序な細胞へと変化したので、これは咽頭ぬぐい液に含まれるウイルスが培養中の細胞を破壊している証拠だと結論づけました。

エンダースは、この細胞変性作用は死にかけた細胞の特徴であり、麻疹のサンプルに含まれるウイルスが培養中の細胞に感染して破壊したために起こったと主張しました。

今日に至るまで、わずかな例外を除いて、すべての「ウイルス分離」はこの欠陥のある培養プロセスから始まります。

さらに、ウイルスと称するものの遺伝子解析はすべて、純粋に分離精製されたウイルスではなく、不要な不純物を多く含むエンダースの細胞培養手法で行われています。


現代ウイルス学の深刻な問題点

今日ウイルス学者が新しいウイルスのゲノムを解析するとき、病人からウイルスを分離し、その特定の粒子の配列を決定しているのではありません。例外なく信頼性の全くないエンダースの細胞培養方法で行われます。

病人から精製されていないサンプルを採取し、組織培養にかけ、得られた混合物を分析するのであって、ウイルスそのものを分析するのではないのです。

この仕組みがわかると、2つの疑問が生まれます。

  1. 細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) が、病人のウイルスによるもので、飢えと毒に侵された細胞培養の結果ではないとなぜ断言できるのでしょうか。
  2. 最終的な培養液に含まれる粒子や遺伝物質が、タンパク質や「ウイルス」、遺伝物質を含むことが知られている培養液に加えられた6つの物質のいずれか由来ではなく、病人のウイルスが増殖したものであると、なぜ断言できるのでしょうか。

この2つの疑問は、ウイルス学全体の土台となるものですが、驚くべきことに、答えを出すための厳密な試験が行われることは決してありません。

興味深いのは、エンダース自身が、自分の実験方法の落とし穴に気づいていて以下のように述べていることです。

「2つ目の病原体は サルの腎臓細胞の 非接種培養物から得られた。非染色標本で誘発した細胞変性は、麻疹から得たウイルスと確信を持って区別することができなかった。」

つまり、エンダースはこの細胞培養実験を繰り返し、病人から採取したのものを何も加えずに行った実験でも細胞変性が生じたことを認めています。そうなると細胞変性は病人のウイルス由来であると断言できなくなります。

これは、細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) が麻疹患者からのウイルス由来ではなく、培養条件によって引き起こされたことを示す強力な証拠となります。

エンダースは、1957年の論文の後半で、「ヒト麻疹ウイルスと呼ぶことにした粒子の起源をどうやって知ることができるのか」という中心的な疑念を繰り返し述べています。この引用の中で、彼はワクチンとの関連でこの問題に言及して「霊長類の組織に潜在する他の病原体の存在を既知の方法で確実に排除できないため、弱毒化ウイルスからなるワクチンの製造に霊長類の細胞の培養物を使用することには潜在的リスクがある。」と書いています。

エンダースの研究から明らかなことは、彼がヒト麻疹ウイルスだと主張する粒子の起源が、実際に病人から来たものなのか、それとも細胞培養に使われた遺伝物質源の一つが分解された結果なのか、全く分からないということです。

1950年代には、外来性の病原性ウイルスと、死にかけた細胞が分解してできる正常な粒子とを区別する方法はありませんでしたが、67年後の現在、最新の分析機器を使いウイルス学者はこの2つを区別することができるでしょうか。

この問題に関する2020年5月の論文は次のように述べています。
「細胞外小胞 (Extracellular Vesicles EV) とウイルスの類似性は、ウイルス感染時に放出される細胞外小胞 (Extracellular Vesicles EV) の分析に焦点を当てた研究において、非常に多くの問題を引き起こしてきました。しかし、今日まで、実際に完全な分離を保証できる信頼性の高い方法は存在していない。」


ウイルスとは、細胞外小胞、またはエクソソームの誤認

今日、ウイルス学者は、死滅した組織の必然的な分解産物を「細胞外小胞 (extracellular vesicles)」、あるいは 「エクソソーム (exosomes)」 と呼んでいます。これらの粒子は、病人の体液から直接分離・精製することができます。

「細胞外小胞」や「エクソソーム」は、ウイルスとは概念が異なります。ウイルスは外部の病原体とみなされるものですが、「細胞外小胞」や「エクソソーム」は人の体組織や細胞の分解物で非病原性です。そして、2020年5月現在、ウイルス学者はそれらの区別ができないと認めています。

これに対する現実的な説明は一つしかありません。ウイルスとされている粒子は、実際には、体組織や細胞が破壊されることによって生じる正常かつ必然的な細胞の断片またはパーツです。

エンダースの実験の培養液が飢餓や毒により細胞変性を起こしたのと同じように、私たちの細胞組織も同じ要因で細胞変性を起こします。つまり、病気の原因は栄養失調や毒物であるということです。

細胞変性をきたし死滅してゆく体組織は無数の粒子(小胞やエクソソーム)を生成しますが、これらの粒子は病原性ウイルスと誤認されています。

画像の説明


コロナウイルス (SARS-Cov-2) の分離 (isolation)

コロナウイルス (SARS-CoV-2) の分離は、オーストラリアで COVID-19 と診断された最初の患者からなされました。それはエンダースのウイルス培養手法により行われました。

研究者たちは細胞培養液 (cell culture medium) にタンパク質の消化酵素であるトリプシン (trypsin) を加えてスパイクタンパクを作り電子顕微鏡で撮影しました。タンパク質で覆われた遺伝子粒子はトリプシンにより被膜 (coating) が消化されスパイク状になり、それがコロナウイルスの特徴であると発表しています。スパイクタンパクはタンパク質消化酵素のトリプシンを使った研究者たちにより引き起こされた結果にすぎません。

問題は、スパイクタンパク質が病原体のウイルスなのか、細胞変性による断片、パーツなのかの識別ができないまま、独断的にコロナウイルスと断定していることです。


ステファン・ランカの実験が証明していること

ドイツのウイルス学者のステファン・ランカ (Stefan Lanka) は細胞変性効果現象 (cytopathic effect CPE phenomenon) が病原菌ウイルスによるのか、細胞培養の過程なのかを実験しています。

画像の説明

縦1列目は、正常な細胞を通常の栄養培地と少量の抗生物質のみで培養したものです。このように、1日目も5日目も細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) は検出されず、細胞は正常で健康な成長を続けている。

縦2列目では、再び通常の栄養培地と少量の抗生物質で正常細胞を培養したが、今回は培地を濃縮するために10%の子牛胎児血清を加えた。それでも、培養中の細胞は1日目も5日目も正常に増殖した。

縦3列目は、あらゆる病原性ウイルスの現代の分離実験に用いられてきたのと同じ手順をとったときの結果を示している。つまり、子牛胎児血清の比率を通常の10%から1%に下げることで、細胞が成長するために利用できる栄養素を減らし、それによって細胞にストレスを与えるというものです。病原性のウイルスは培養に加えられていないのに、実験5日目には特徴的な細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) が発生している。

この結果は、細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) がウイルスに由来するものではなく、培養実験の方法に起因するものであることを示しています。

ウイルスの存在なしで、細胞培地 (cell culture medium) に特徴的な細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) が発生することが「証明」された。

最後の縦4列目は、この培養液に酵母の純粋なRNAの溶液を加えた以外は、縦3列目と同じである。この結果からも、細胞変性効果 (cytopathic effect CPE) の原因はウイルスではなく、培養技術であることがわかる。

酵母のRNAを加えた理由は、「ウイルス」のゲノムを作り出す処理、「配列」 (alignment) と呼ばれるコンピュータ処理のためです。アラインメントは、RNAの断片から、実際のサンプルのどこにも存在しない理論上のゲノムを構築するプロセスです。

このゲノムは人の中に存在することはなく、作られた細胞培地にも存在することはなく、RNAの短い断片を配列して全体の「ゲノム」にするコンピュータ配列処理の産物です。

このため、SARS-CoV-2の完全なゲノムはすべて「インシリコ」ゲノム (in silico genome) と呼ばれ、コンピューターの中にのみ存在するゲノムを意味します。このRNA断片が十分にあり、鋳型さえあれば、コンピューターはどんなゲノムでも再現することができます。

アライメントの仕組みを知ることで、ランカ博士の4回目の実験が実際に何を示していたかが理解できます。博士は、4回目の実験の細胞培養の結果から、あらゆるRNAウイルスゲノムを作り出すことができることを示しました。しかし、この実験では、いかなる時も、実際のウイルスは添加されず、存在していませんでした

この時点で、SARS-CoV-2の存在が科学的に証明されたことはないことは明らかです。このウイルスの存在が証明されていない以上、このウイルスが何らかの病気を引き起こすとか、「亜種」があるとか、特定のタンパク質、特に有名なスパイクタンパク質を含むとか、その他の特徴を有すると結論づけることはできません。


PCRテストの悪用

COVIDテストに目を向けると、ウイルスの存在が証明されておらず、ウイルスのテストを考え出した主要な研究者たちが、実際のウイルスを扱ったことも所持したこともないと書面で認めているならば、COVIDテストは実際何を調べているのでしょうか。

以下は、COVID-19のRT-PCR検査で使用する最初のプライマー配列 (primer sequences) を考えた、ドイツのウイルス学者クリスチャン・ドロステン氏 (Christian Drosten) の研究グループの論文からの引用です。

目的: ウイルス材料を用意することなく、公衆衛生研究所の環境で使用できる堅牢な診断方法の開発と展開を目指した。

この文章は、ドロステンと彼のグループがSARS-CoV-2検査の世界標準を設定したことを意味するが、彼らはウイルスそのものを手に入れたわけではないことを認めている

PCR処理は、1980年代にキャリー・マリス博士 (Kary Mullis) が開発し、ノーベル賞を受賞した技術です。マリス博士(2019年8月に死去)が繰り返し指摘しているように、PCRは決して診断検査として機能するものではなく、むしろDNA(デオキシリボ核酸)の断片のコピーを無限に作成するために使われる製造ツールです。

キャリー・マリス博士は、科学者たちが真実を追求するのではなく、生活のために巨大資本の奴隷となっていることを指摘しています。またエイズのインチキと世界温暖化のインチキも暴露していました。また、PCRテストは病気の診断には使えないことを度々指摘してます。彼の主張は「エイズ、世界温暖化、コロナパンデミック詐欺を推進するグローバリスト」にとって不都合なものでした。

コロナパンデミックが2019年の秋から始まり、世界がコロナパンデミックのためにPCR検査を利用する直前の2019年8/7にキャリー・マリス博士は、74歳で急死しています。(グローバリストにより多くの科学者、ジャーナリスト、政治家が消されています。世界はそれほど邪悪で市民の力では悪を取り除けません。)

Kary Mullis, Cancel Culture and Covid 19

PCR検査では、「プライマー」と呼ばれるDNAの短い断片をPCRの処理に使います。

このプロセスでは、区分 (segment) をコピーまたは「増幅」し、1つのコピーから2つのコピー、2つのコピーから4つのコピー、4つのコピーから8つのコピー......といったように、セグメントを作成します。

コピー(増幅)の1回1回を "サイクル "と呼びます。

問題のセグメントのコピーを3個から始めると、10サイクル後には3,072個になります。10個でスタートした場合、10サイクル後には、10,240個になります。明らかに、開始するコピー数と実行するサイクル数で結果が決まります。(計算式 a*2^b, a: 開始個数、b: サイクル)

RT-PCRと呼ばれるこのプロセスの変動では、問題のセグメントはDNAではなくRNA(リボ核酸)の配列です。このRNA配列を逆転写酵素(Reverse Transcriptase RT)でDNAに変換し、増幅サイクルにかけることができます。

PCRプロセスを(Mullis博士の仕様に反して)診断テストとして使うには、いくつかのハードルがあります。

まず、当然のことながら、あるサンプルに特定のウイルスが存在することを証明することが検査の目的であるならば、使用するプライマーと呼ばれる「手引き配列」(primer sequence) が実際に問題のウイルスに由来することを証明する必要があります。つまり、まずウイルスを分離・精製し、その全ゲノムを解読する必要があります。そうして初めて、テストに使われた「手引き配列」(primer sequence) が、そのウイルスゲノムから直接得られたものであることを示すことができます。

さらに、PCR検査の配列が特定のウイルスのものであると主張するためには、試料中の他の生命体(例えば微生物)に同じ配列が含まれている可能性がないことを示すことができなければなりません。

これらの条件のいずれかが満たされない場合、PCR検査はウイルスの存在を発見・診断するために臨床の場で使用することはできません。

SARS-CoV-2の場合、ウイルスの分離は適切になされていませんのでコロナウイルスのゲノムは未知です。ゲノム(ウイルスの遺伝物質を構成する塩基対(文字)の並び)を知らなければ、あるプライマー配列がそのウイルスにしかないものであることを知ることは不可能です。

PCR検査を促進しているドイツのドルステン (Drosten) 教授は、ウイルスとそのゲノムの「in silico」(理論的)モデルに基づいて作業していることを認めているので、彼らのどのプライマー配列も実際にSARS-CoV-2に由来すると確証できません。この告白は、PCRテスト全体を無効にするものです。

オフ・ガーディアン紙 (Off-Guardian ) のイアン・デイビス (Iain Davis) 記者は、ドルステン (Drosten) グループのプライマー配列がSARS- CoV-2だけに特異的であることを証明できなかったことを調査しました。

ドルステン (Drosten) のプライマー配列をBLAST検索したところ、デイビス (Davis) は、ヒトゲノムで90以上、微生物界で90以上の配列が一致することを突き止めたのです。このことは、「SARS-CoV-2」を同定するためのRT-PCR検査で使用されているプライマー配列が、ヒト由来、微生物由来(細菌、真菌など)の可能性があることを意味しています。

したがって、これらのPCRプライマー配列がSARS-CoV-2に固有のものであるという主張はすべて偽りです。

以上の理由で、PCR検査では、人、動植物、鉱物、水、その他あらゆるものが陽性になったりしています。

標準的な血液量に含まれるウイルス量として医学的に定義される「ウイルス量」で病気の診断をするためにPCR検査を使うことは不適切です。

人は、「ウイルス量」が多いほど病気になりやすく(つまり、遺伝子破壊が進んでいる)、「ウイルス量」が少ない人は細胞の分解はそれほどなく、病気になりにくい傾向があるようです。

PCR検査で分かることは、特定の病気の診断ではなく、健康状態が良いか悪いかです。人の健康状態が、病原菌由来なのか、電磁波、毒物、その他の環境毒、人体のメタボリズム由来なのかはPCR検査では分かりません。

PCR法を診断検査として用いる場合の最大の危険性は、サイクル数によって陽性と陰性の割合が決まってしまうことです。25回以下のサイクルで行われるPCR「テスト」は、ほぼすべてのケースで陰性となる可能性が高く、この程度の増幅では、問題のプライマー配列を拾うことはほとんどありません。

一方、増幅サイクルが40回以上であれば、それらの配列はすべての人間に存在し、すべての人間は細胞組織の破壊が常に起こっているので、ほぼ全員が陽性と判定されます。

どんな病人でも、病気の結果、細胞組織のある種の破壊を経験し、細胞の分解により、より多くの遺伝物質破壊が生じ、PCRプロセスで増幅されると、ほとんどの場合、「陽性」という結果になります。


画像処理技術の限界

なぜ人は病気になるのか?
その原因を探るために生物学者たちが用いてる手法は妥当なものでしょうか。生きた生命体を生きたまま監査する技術に限界があるため、人体の構造、構成要素の研究はそう簡単ではありません。

体の構成要素である目、鼻、耳、舌、脳、心臓、肺、胃、腸、肝臓、などの機関 (organ)と、それを構成している 組織 (tissue)、細胞 (cells) の特異な働きなどを生きたまま見る技術は存在しません。

生物学者は、人間は約188種類の異なる組織 (tissue) から構成されていると主張しています。その中には、肝臓、心臓、卵巣、目のレンズなどが含まれ、この188個のうち、約44個が「合胞体」(syncytium) であると広く考えられており、残りは細胞 (cells) から構成されていると考えられています 。合胞体とは、細胞と呼べるような内部分裂を持たない均質な構造体である無細胞器官のことで、よく知られているのは、目の水晶体です。

生物学者のギルバート・リン(Gilbert Ling 1919-2019)とハロルド・ヒルマン(Harold Hillman 1930-2016)の両氏は、過去100年の生物学がデータの取り方に関する問題をはらんでいることを指摘しています。彼らの研究は、生命システムに存在する現実 (reality) を理解し、存在するものと人工物 (artifact) とを区別する上で、非常に貴重なものです。

人工物 (artifact) とは、画像処理技術や解釈技術を使って見たものが、生きた無傷の生物に見られるその構造の形態や活動を反映していないかもしれないという、極めて重要な概念です。特に、電子顕微鏡の発明と利用により、生き物の実態 (reality) を反映しえない人工物 (artifact) 生物学を生み出しています。

電子顕微鏡の撮影は、生体組織から細胞組織 (tissue) を取り出して行います。その後、組織は極低温で凍結されるか、酵素風呂に浸され、重金属や毒性染料で染色され、電子線が照射され、細胞組織サンプルに含まれるすべての水分が直ちに蒸発します。この後、スライド上の真空チャンバーで組織が検査されます。

このような極めて強引な処置が、細胞組織の外観や機能を何ら変えていないと主張するのは、きわめてバカげています。ヒルマンがよく言っていたように、電子顕微鏡の画像はすべて人工物 (artifact) であり、実際の細胞構造を正確に描写しているものではありません

まさにこの不適切な手順でウイルスの可視化がなされています。それで、実際、誰もウイルスを見たことはありません。私たちが見ているのは、ある下層の組織に付着した重金属で汚れた堆積物だけなのです。

新しい冷凍技術ではこの問題を回避しようとしていますが、やはり、私たちが見ているのは凍結バージョンの粒子であり、無傷の生物でウイルスが実際にどのような姿をしていたかを示すものは何もありません。

真の科学を行うためには、自分たちの前提に絶対的な確信がなければなりません。特に、自分たちの調査方法が調査対象物に変化を与えていないことに絶対的な確信がなければなりません。

動物に麻酔をかけるという単純なことでも、その動物の生化学や組織の構成が変わるかもしれません。実験室で人間の組織、細胞を混ぜて、凍結し、脱水し、重金属で染色するとどうなるでしょうか。そのようなサンプルは生きた生物体を正確に表し得ない破片クズのようなものです。


リボソーム、小胞体

リボソーム (ribosome) と呼ばれる小さな円形の構造体は、現代の遺伝子の理論にとって極めて重要なもので、細胞内でメッセンジャーRNA(mRNA)がタンパク質に翻訳される場所と考えられています。もし、リボソームが人工物 (artifact)であることが判明し実体を正確に反映していないなら、遺伝学の理論全体が崩れます。

リボソームは電子顕微鏡の高倍率でしか見ることができず、常に完全な円形で、「小胞体」(endoplasmic reticulum) と呼ばれる蛇のような構造体に付着しているか、細胞質(cytoplasm 核の外にある細胞の水のある部分)に自由に浮かんでいるように見えます。

しかし、2次元のイメージの中で常に完全な円形である構造物は、3次元の "生命 "の中では必ず球状であることを認識しなければなりません。

電子顕微鏡でリボソームを見るためには、細胞を均質化 (homogenization) するミキサーのようなものに入れることが必要です。完全な球体である構造物をミキサーにかけると、完全な円形に切断されることはあり得ません。(これは、球面幾何学の基本法則に反している。)

つまり、何十年も前から電子顕微鏡写真に写っている、現代のあらゆる細胞の画像に描かれている完全な円は、リボソームの実体を反映しない人工物 (artifact) であるに違いありません。

ヒルマンが出した結論は、リボソームが生きた細胞の中に存在するはずがないということです。彼は多くの著書でリボソームの歴史を論じ、そのような構造が実際に細胞の中に存在することを誰も証明したことがないことを段階的に示しています。

丸いものは、電子顕微鏡撮影のための細胞組織の処理の仕方によって必然的に発生する染色されたガスの気泡と思われます。

小胞体 (endoplasmic reticulum) は長い管状の構造で、細胞の電子顕微鏡図では、核の裏側と細胞壁に付着しています。小胞体は、リボソームと同じく電子顕微鏡でしか見ることができず、リボソームと同様に、細胞の機能を現代的に理解する上で重要なパーツとされています。

小胞体は、生物学者が「DNAが膜組織 (membrane) で結ばれている核の中に入っている」と学説を立てたときに直面した問題を解決するために「発明」されました。

pHは水素イオン濃度の指標です。生きた細胞で直接測定した結果、細胞質内 (cytoplasm) のpHと核内 (nucleus) のpHは異なることが分かっています。

この現象は、水素(H+)イオンが細胞質から核に自由に通過できないこと、核の膜組織が水素(H+)イオンやその他の小イオンの核から細胞質への自由拡散を妨げるバリアになっていることを意味しているとしか考えられません。

この観察から、明らかな疑問が浮かびます。水素イオン (H+) の何千倍もの大きさのmRNAが、どのようにして それが作られる核 (nucleus) から、タンパク質に翻訳される細胞質 (cytoplasm) まで通過し、はるかに小さい水素イオン (H+) は通過できず、核と細胞質のpHが不均衡なのでしょうか。

細胞生物学者たちは、核膜 (nuclear membrane) に付着しているように見える蛇のような線を見たとき、その答えがわかったと思いました。その答えは次のようなものです。mRNAは核の中でDNAから転写され、チューブ状の小胞体 (endoplasmic reticulum) を通って核の外に出て、小胞体 (endoplasmic reticulum) に付着しているリボソーム (ribosomes) と出会い、そこでタンパク質に翻訳されることができる。

mRNAの通る小胞体のその出口は水素イオン (H+) の何千倍も大きいので、水素イオン (H+) は小胞体の穴や出口に自由に出入りできることになり、核の内側と外側の水素イオン濃度は同じになるはずですが現実は同じではありません。

細胞生物学者は、このジレンマを回避するために、将来いつか発見されるある種の一方通行のドアがあるはずだと仮定しています。

この説には、出口の問題のほかに、もうひとつ問題があります。生きた細胞を光学顕微鏡や暗視野顕微鏡で観察すると、核が絶えず回転し、時には360度回転していることが容易にわかります。もし、核が細胞外壁 (outer cell wall) に小胞体のような紐 (cord) で固定されている構造であれば、このような核の回転は不可能です。

ここでもまた、単純な力学の法則は、小胞体 (endoplasmic reticulum) は 電子顕微鏡の画像でしか見えない構造であり、生きた細胞には存在しない人工物 (artifact) の一つであることを示しています。小胞体は、電子顕微鏡写真を作るための破壊的な技術によって生じた沈殿物だと思われます。

リボソームも小胞体も電子顕微鏡の画像処理による現実を反映しない人工物 (artifact) です。
画像の説明


CGIで作られたコロナウイルスの現実とかけ離れたイメージ
spike protian



細胞生物学者が理論的に考えていることを、実際の「生きた」細胞の写真と比べると、ずいぶん違うことがわかります。実際、生きた細胞写真で見える構造物は、細胞の周りの薄い膜、水を含んだ細胞質、小さな黒い線(これがミトコンドリアと知られている)と核だけです。

cell photo


細胞内の構造化されたかたまりの水

前述したように、私たちの体の細胞は、均質な組織(合胞体 syncytia)として、あるいは細胞 (cells) という区画として組織化されています。細胞は脂溶性の可能性が高い単層膜で結ばれており、細胞内の水分が最も厚く、あるいは組織化されているところです。細胞質 (cytoplasm) は、組織化された構造化された、あるいは密着した水 (coherent water) から構成されています。細胞内の水は周辺に行くほど密着 (coherent) となり、中央の核に行くほど密でなくなります。

最後に核があり、これも薄い、おそらく脂溶性 (fat-soluble) の単層膜 (single-layer membrane) で結合されています。細胞内には他の小器官(構成要素)は存在しません。さらに、細胞膜 (membranes) にはポンプや受容体はなく、ミトコンドリア (mitochondria) には内襞 (cristae) はありません。生命の基本構造は、アミノ酸、ミネラル、タンパク質、遺伝物質といったものが細胞水の中に埋め込まれた、まとまりのある組織化された水です。

この無限に柔軟な密着した水 (coherent-water) の結晶を生み出す組織原理は何なのでしょうか。ほとんどは、太陽のエネルギー、光、そして外部から私たちに届くさまざまな周波数、エネルギー形態、波長、音、色、思考、感情、その他の環境発散物です。つまり、組織原理は細胞の外、生物の外から来ています。

このシンプルで力強い認識こそが 健康と病気を理解するカギです。それは霊的な原点に立ち返るためのカギでもあります。


病気の原因と解決策

昔から人々は水と健康の関係を意識していました。
それこそが病気の原因を見つけるカギとなります。

水の生物学を見つけた人がいます。
『水からの伝言』の著者の江本勝さん (1943-2014)です。1989年、アメリカで開発されたMRA(Magnetic Resonance Analyzer、磁場共鳴分析器)の日本での独占販売権を得て、これを「波動測定器」と呼んで自らオペレータとなり、「波動」に関するビジネスを始めた方です。

江本は水に転写される見えない情報の可視化を考え、あるとき雪の結晶に関する本を読んでいて、「雪の結晶には二つとして同じものはない」という文章に行き当たった時に、ふとアイデアが閃きました。それは「透明な水であっても、凍らせた時の結晶の形を調べることができれば、その形には水に含まれている情報が反映されているのではないか?」ということでした。

そのようして江本は水が含む見えない情報の可視化技術を発明し、同時に水が周囲の環境から情報を転している驚くべき事実を発見することになります。

江本の技術を活用している水の結晶写真家ヴェーダ・オースティン (Veda Austin) 
オースティンの手法は非常にシンプルです。浅いシャーレに純水を入れ、音、言葉、写真、自分の考えなど、さまざまな影響をその水に与えて、その水を一定の温度に保った冷凍庫に入れ、しばらくして、半分凍った水を入れたシャーレを冷凍庫から取り出し、水の中の結晶格子にできたイメージを調べて写真に撮ります。水の結晶格子は外部からの情報を反映しています。

たとえば、友人の結婚式の招待状の上に水を入れたシャーレを置いて、その招待状のイメージを見せてくれるように水に頼んで、いつものように数分後、冷凍庫から取り出してみると、そこには紛れもなく、結婚指輪の姿が鮮明に映っていました。 結婚という非常に高度な抽象概念を受け取った水は、その概念の本質を明快かつ華麗に、そして斬新に伝えるイメージを即座に反映しています。

そのシンプルで驚異的なイメージ形成能力は、まさに水が生物学や人間の中で果たす役割を伝えています。水の役割は、化学物質、ホルモン、光の波長、思考、感情、他の生物との共振周波数など、外部からのあらゆる影響を集め、首尾一貫した全体として整理することです。体内細胞の水で成り立つ私たち自身は、外部からの影響のまとまりのある全体ということがわかります。

タンパク質は、あらゆる生物学的構造の物理的な構成要素であり、水がこの首尾一貫した全体を作り出すために使用する媒体です。科学者たちは、少なくとも25万個の別々のタンパク質が人間の中に存在することを発見しました。さまざまなタンパク質には、酵素、ホルモン、「神経伝達物質」、コラーゲンなどの構造タンパク質、抗体など、さまざまなものがあります。これらのタンパク質は、私たちの生命に関わるすべての活動を担っています。それらは、私たちの体を構成し、解毒し、体内のあらゆる反応を正常に働かせています。

この無数のタンパク質がなければ、生命は存在し得ません。では、これらのタンパク質はどこから来るのでしょうか。その形成のきっかけは何でしょうか?

これらの問いに答えることで、古い生物学と新しい生物学の分かれ道の本質が見えてくるのです。また、「COVID」陰謀の本質が分かります。


水によるタンパク質合成

学校教育で学ぶ従来の生物学では、すべてのタンパク質は、遺伝子と呼ばれるDNAの特定のセグメントによってコード化されており、この遺伝子は核でmRNAに転写され、その後、核から何らかの方法でリボソームへと移動し、そこでDNAコードに組み込まれていた特定のタンパク質に翻訳され、タンパク質合成がなされると言われています。

しかし、遺伝学の主要な独断 (central dogma) と呼ばれるこの考え方は、現在では間違っていることがわかっています。

DNAのコードに変化があれば、突然変異と呼ばれるように、自然にタンパク質のバリエーションが生じています。この突然変異のプロセスは、自然淘汰が働くための原料であると考えられています。つまり、DNAに「適応的」な変異が生じると、その生物はより「効果的」なタンパク質を手に入れることができ、この変化したDNAはその子孫全てに利点をもたらすとみなされています。

これは、従来の生物学の核となる原理で、私たちのDNAに見られる遺伝子配列が制御原理となっています。

その原理に基づいて、ヒトゲノム・プロジェクトが始まり、ヒトゲノムの全容解明を目指したこのプロジェクトの主な成果は、「ヒトゲノムは約2万~3万個の遺伝子から構成されている」という衝撃的なものでした。

このことは、科学者たちは、少なくとも25万個の別々のタンパク質が人間の中に存在することを既に発見しているので、約20万個以上のタンパク質が、既知の遺伝子配列とは無関係に作られていることを意味します。

つまり、核となるタンパク質はコード化されているように見えますが しかし、私たちのタンパク質の大部分は、遺伝子の設計図なしに新たに作られているのです。

このことは、明白な疑問を生み出します。これらのタンパク質はどこから来るのでしょうか。

遺伝学と自然淘汰の理論を救おうと、科学者たちは、酵素が2万個の遺伝子を切り、つなぎ合わせて、何らかの指示に従って遺伝子を並べ替え、コードのないタンパク質を作っていると仮定しました。

しかし、このその場しのぎの仮説より、すべてを変える可能性のある、現実に即したより単純な説明が存在すます。

ヴェーダ・オースチンの実験で水が結婚指輪を作ったという事実は、遺伝子の設計図がなくてもタンパク質の大部分を作ることができることを教えてくれるものです。

水には、アイデア、思考、意図、より科学的な言葉で言えば、意識の一面が転写されています。水は、その生きた結晶構造によって、この考え、すなわち意識の側面を感知し、細胞の細胞質 (cytoplasm)、あるいは水性合胞体 (syncytium) に溶けている遊離アミノ酸を常に「収集」しています。

DNA設計図を用いずに、水が持つエネルギーを物質に変換する能力は生命活動を行うために新しいタンパク質を作り出します。つまり、「健康」とは、「体内の水が、周りの常に変化し続ける状態を自由に肉体に変換できること」と定義することができるのです。

この翻訳プロセスが、首尾一貫して建設的であれば健康な自分が存在することになります。

一方、病気は、このシステムが少しでも崩れることで発生します。外からの信号が毒性であったり、破壊的であったり、体の水のまとまりを直接的に害するようなものであったりするなら健康を損なうことになります。

例えば、罵詈雑言、脅し、要求、嘘、恐怖心を煽るようなメッセージに常にさらされるなら、それらの外部からの破壊的なエネルギーは、身体の水を支離滅裂な結晶構造へと変性していきます。

現代人のライフスタイルでは、太陽や自然界の生命を育む波長を定期的に浴びる代わりに、Wi-Fi信号や5Gのような強力でパルス的な狭い波長帯域を浴びています。このような自然界に存在するさまざまな非パルス信号波長ではなく、単純なパルス状の高強度信号の通常的な暴露は、体内の水の結晶構造を破壊する毒性曝露となります。水はこれまでそのようなものにさらされたことがなく、何が起こるかは明らかです。私たちの細胞や組織は無秩序で混沌とした支離滅裂な状態になり、その必然的な結果として病気は起こります。

結晶水の完全性が健康と病気を理解する鍵であることを示す具体的な例として、急性疾患について見てみましょう。水の新しい生物学では、私たちの内部の水の一貫性と構造が生命の基礎であることを理解しています。この一貫性のある水 (coherent water) は、ラジオの受信機のような役割を果たし、外界の波長をタンパク質に変換して、私たちの体をつくり生命を維持しています。

グリホサート、シアン化物、ヒ素、重水素などの毒素を水に溶かすと、水が歪み、外部からのエネルギーを正常に受け取りタンパク質に変換できなくなります。私たちの体本来の治癒力は 発熱で歪んだ結晶を溶かし、粘液で毒素を細胞の外へ洗い流します。残念ながら、私たちはこれを 誤って「病気」と呼んでいますが、そうではありません。発熱や痰は健康回復への始まりなのです。

このシンプルなモデルは、これまで使われてきたあらゆる自然治癒法の根底にある原理のすべてを説明しています。それは、発熱療法、サウナ療法、ホメオパシー、ハーブ療法、中国医学、現代エネルギー療法などの原理です。これらの方法はすべて、解毒と自然界のエネルギーの人間組織への導入を組み合わせて、体内の水の一貫性を回復させることを基本としています。

遺伝やウイルスについて間違った概念に基づく現代の治療方法では、病気の原因を取り除くことはできません。むしろ、薬や電磁波、恐怖心を煽る学説で人々の体内の一貫した水 (coherent water) を歪め薬に依存する慢性病患者を作り続けています。

科学者たちは、「スパイク・プロテイン」と呼ばれる毒素を合成するためのRNA設計図を作りました。現在のところ、このタンパク質は血管、神経、肺の組織、そしておそらく他の多くの組織に対して特異的な毒性を持っていることが分かっています。

5Gと呼ばれる有害な波長は、さらなる病気を生み出す役割を担っているのでしょうか。電磁波は、体内の水の一貫性に干渉することで病気を作り出すことが分かっています。そして、世界中でウイルスとスパイクタンパク質の話が人々伝えられ、「COVID」注射が行われるようになりました。この注射の目的は、固定したmRNA配列を使って、毒性のあるスパイクタンパク質を合成するように体に指令することです。健康を破壊する道を科学者や世界の指導者たちは歩んでいます。それは、生命から遠ざかる合成生物学の道です。


健康を確保するための実践的なステップ

「人間は何でできているのか」、「生物はどのように組織化されているのか」について明確で合理的かつ科学的な概念を形成した今、私たちはこれらの原則を用いて、病気を避け、病気になった場合は治すことができます。すべての生物は、さまざまな成分(ミネラル、アミノ酸、タンパク質)を含む、組織的でまとまりのある (coherent) 構造化された水でできているというのが、その核心的な原理です。体内の「水」は、外界からの刺激 (impulses) を受信する役割を担っています。この刺激 (impulses) には、化学物質、ホルモン、電磁波、毒素、思考や感情など、あらゆるものが含まれます。体内の水は、ラジオが音波を集めるように、これらの刺激を集め、あなたというまとまりのある全体を作っています。

細胞水の結晶の一貫性 (整合性、coherence) が崩れると、私たちは病気になります。医学はただ一つ、私たちの中にあるこの結晶水を守り、保護することに関心を持つべきです。これが、これまで存在したすべての自然治癒戦略やシステムの本質なのであり健康への鍵です。

ここでは、あなたとあなたの家族の健康を作るための実践的な戦略をご紹介します。

  • 機会をつくって、自然とつながる。裸足で大地を歩いたり、太陽の光を浴びたり、野生の場所で過ごしたりすること。森を歩く、木を植える、犬、羊、猫、牛、鶏と一緒に過ごす、あるいはただ鳥を観察する。できるだけ、天然の肉、天然魚、野生キノコ、採集した植物など、自然のものを食べるようにする。
  • PC上のバーチャルな体験はできるだけ避ける。現実とつながることが、最高の治療です。午後のひととき、自然の森の小川に足を浸してみることと、森や小川の癒し系ビデオを見ることとはまったく関係がありません。健康は前者から生まれます。
  • 本物の食品だけを食べる。本物の食べ物は昔からあるものです。最近の工業化社会で加工されたものは毒物で味付けられた偽物です。本物の食べ物を作っている人たちをネットで見つけると良い。
  • 純粋な水だけを飲む。最高の水とは、汚染されていない大地から湧き出る水です。ほとんどの地域には、何世紀にもわたって神聖な場所として大切に守られてきた泉があります。その水を飲料や調理に利用する。また、水の共振周波数を利用した簡単な装置で、水のまとまりを良くし、生命力を高めることができます。信頼できる装置をネットで見つけると良い。
  • 体に必要なミネラルは、毎日の食事でしっかり摂るようにする。ミネラルが不足すると、不足したミネラルを補う形で重金属が体内に吸収されます。重金属中毒は、有害金属にさらされるだけでなく、ミネラルの不足した食事が大きな原因です。ミネラルを十分に摂取するためには、ミネラル豊富な天然塩を料理にたっぷりと使用するのが一番です。信頼できる塩をネットで見つけると良い。
  • ミトコンドリア (mitochondria) に栄養を与える。私たちの細胞や組織の中に実際に存在することが証明できる唯一の小器官 (organelle) や構造物 (structure) はミトコンドリア (mitochondria) です。その役割は、ATPを生産することです。しかし、一般に考えられているように、ATPはエネルギー生産とは無関係です。むしろ、ATPは細胞内のタンパク質の先端に結合し、それを開き、水の結晶構造を敷き詰める基点 (nidus) となるものです。本来、水はゼリー (Jello) を作る際の熱の役割を担っています。ゼリー (Jello) を作るには、ゼラチンタンパク質と水を加えます。最初はタンパク質が水と相互作用できないので何も起こりませんが、混合物を加熱するとタンパク質が展開して水と相互作用し、冷却するとゲル (gel) が形成されます。同様に、ATPが細胞内のタンパク質に付着すると、タンパク質は展開し、水が敷かれる足場 (scaffolding) となります。ATPがなければ、結晶水ができないので、生命現象は起こりません。ミトコンドリアの主な栄養素は、赤色光の波長です。この波長は、直射日光の下で過ごすか、赤色光サウナを利用することで簡単に得ることができます。このサウナを利用することで、1日20分以上、電磁波を完全に遮断して過ごすことができるなど、多くのメリットがあります。また、細胞内の水から毒素を浄化するためには、毎日サウナに入るのが一番でしょう。
  • 有害な電磁波から身を守る。様々な遮蔽技術が存在し、それは効果的で価値があります。これもネットで調べると良い。

命の源について考え、命が偶然の産物ではなく全知全能の神(創造者)の完璧なみ業であることを学習し、毒物を排除する体に備わっている神が備えた自然治癒力を信頼してください。

最高度の秩序である自然や生命は偶然や無限の時間のような概念により生じるものではありません。それは知識の全き方の完全なみ業です。ですから、自然や生命の完璧な働きに付け加えるものも、取り除くものもありません。

[まことの]神が造られるすべてのもの,それは定めのない時に至るまで存続することを知るようになった。それに加えるべきものは何もない。それから取り去るべきものも何もない。- 伝道の書 3:14

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional